北村建築設計事務所

キタムラセッケイBlog

軒を深く、低く

軒を深く、低く

夏場の日差しを遮り、雨風から家を守るため、日本の家に軒は必要不可欠です。 深い軒は外との緩衝地帯になるばかりでなく
つくり手の想いを込めること

つくり手の想いを込めること

「山形の民家再生」現場。 玄関土間は予算の関係からモルタル塗りの予定でしたが、敷地内にあった古い石をなんとか利用で
「桜並木の家」

「桜並木の家」

土地探しからお手伝いさせていただいたMさんご家族。 すでにある桜並木を延長するように敷地沿いに桜を植え、松本らしい
大ばらし

大ばらし

解体工事が終わった「山形の民家再生」。大工さんによって軸組の修正が進められ、骨組みの歪みもほとんど無くなりました。 今
民家再生で一番大切なこと

民家再生で一番大切なこと

「山形の民家再生」現場。現在、壁を部分的に落し、長い間に生じた骨組みの歪みをもとに戻して、基礎の補強工事を進めています。
魂抜き

魂抜き

山形村で始まる民家再生工事。 設計も終わりいよいよ着工となりました。 今日は建物の解体に先立ち、「魂抜き」の神事を行
桜の見える家

桜の見える家

  昨年より家づくりのご相談を頂き、土地さがしのお手伝いをさせていただいたMさんご家族。 ご家
雨除け板

雨除け板

完成してから9年目を迎えた「鹿教湯温泉 三水館」さん。 自然な風合いを活かした宿づくりが目標であったので、定期的にメン
古い建具を残す

古い建具を残す

今春着工に向けてお手伝いしている山形村の民家再生の実施設計もいよいよ大詰め。 既存の建具がしっかり残っていたので、出来
土壁の蓄熱性能

土壁の蓄熱性能

朝から雪景色の松本市内 築150年のわが家には残念ながら、断熱材なるものは入っていません。 冬の暖房はもっぱら薪スト